平日が辛いって?それなら金曜日の開放感をMAXにする方法を考えようぜ!

 

あなたは一週間を楽しめていますか?十分に楽しめていないって?

 

楽しめていないならちょうどいい、僕と一緒に一週間をを最高な状態に持っていくための方法を考えてみようではありませんか?

 

とりあえず一週間を充実した楽しい毎日にするための僕なりの方法を書いておくから、何かいい案があったら教えて欲しい。

 

まず僕の案として『一週間を楽しく過ごすためには金曜日の開放感をMAXにすることを目指す!』というものを出しときますね!

 

月から金まで全力で行動する

たとえば暇な人間が充実した毎日を送ることができていると言えるだろうか?

 

僕の答えはNOだ。暇を持て余している人間なんて充実しているとは言えないし、そういう状態が幸せだとは一切思わない。

 

だったらどうすればいいか。暇の真逆を攻めるべきだ。忙しさを徹底追及していけば何かが見えてくるかもしれない。

 

スケジュールに空きを作らない、徹底的に活動をしていく

怠惰の中に幸せはあるだろうか?堕落した生活の中に自分の求めているモノがないと感じるなら、努めて多忙に向かうのもいいのかもしれない。

 

ということで月曜日から金曜日までのなかにスケジュールに空きを作らないようにしていきたいと思う。空きができてしまうとダレてしまうからだ。

 

ダレしまうとどうしても余計なことを考えてしまう。悩まなくていいことで悩んだり、心配しなくてもいいようなことを心配し、悶々としてしまうことだってある。

 

そういうものをなくすためには忙しさを利用してしまえばいい。多忙を極めるのだ。体を壊さない程度に。そうすれば余計なことを考えずに済むし、目の前のことに集中することだってできる。

 

そういう日々を送っていくことで、必要なものと不要なものがハッキリと分かれていき、充実した平日を送っていくことができるのではないかと思う。

 

平日の忙しさが金曜日の開放感をMAXにさせてくれるんだ!土日に会社行けばいいやなんていう思想は愚の骨頂である!そんなゴミみたいな思想は捨てて、仕事はキッチリ営業日中に片付けよう!そうすることで解放感MAXの金曜日がやってくるはずだ!

 

平日の睡眠時間は最小限に

僕は寝るのが大好きだ。寝るのが大好きすぎて、時間があればいつまでも寝てしまう。

 

さすがに平日は会社に行くので、好きなだけ寝るという願望は叶わないけど、できれば毎日たっぷり、ぐっすり寝ていたいというのが本音だ。

 

しかし、ぐっすり寝れたとして週末の開放感をMAXに出来るだろうか?

 

NOだ。毎日毎日安眠していたら、休みの日にたっぷり寝るという楽しみがなくなってしまうじゃないか。

 

満足した毎日を過ごすよりもハングリーな状態で平日を駆け抜けていったほうが、金曜日の開放感をMAXにできるんじゃないだろうか?

 

土日に最高の楽しみを

金曜日の夜の開放感を最大限に高めるためには平日を忙しくしたり、自分の欲求を制限するだけで十分?いやいや、これも違うと思う。

 

金曜日の開放感をMAXに持っていくためには、休日に『トッテオキ』を用意しておくべきだ。つまり自分の本当に好きなことを用意するんだ。それだけで休日への期待値がぐんと高まり、金曜日の開放感も急上昇するハズ!

 

もしも、休日に自分のやりたいことがないという人がいたら、片っ端から試してみるのがいいと思う。僕の経験上、休みの日にやりたいことが見つからないという人はやりたいことが見つからないんじゃなくて、やっていないから面白いかどうかわからない人ばかりだった。だからとりあえずは気になったものに手をつけてみるのがいいと思う。

 

そして休日にやりたいことがたくさんある人は、休日のプランを平日の時間を使って練って、練って、練り込むべきだ。休日への期待を最大限に高め、平日のフラストレーションを解放するべく、休日の最高の過ごし方を探してみようじゃないか。

 

そうすればきっと金曜日の開放感はMAXに近づくと思うんだ!

 

まとめ

わりと堅苦しく書いてみたけど、平日を全力で過ごさないことには金曜日の開放感なんてできるわけないよねー。

 

ぬるいサウナに入っていても、サウナ室を出た時の開放感は味わえっこないでしょ?

ぬるいサウナじゃ水風呂の水を浴びた時の「あ”ー冷てーなチクショウ!」の気持ちは体感できないっしょ?

 

 なのでアノ、金曜日の開放感を最大限に持っていくためには、平日をとびきり頑張らなかきゃなのかなと思ったんでした。

 

明日も1日頑張んベー!それでは!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA