誰でも早起きが出来る方法!4ヶ月間早起きを繰り返してわかった朝型になるコツ!

f:id:sabatora02:20160906000949j:plain

 

朝型になれると思ったら、朝型人間になりきることができなかったsabatoraです。

 

えっ、もうすでに言ってることがタイトルと矛盾しているって?

 

いやいや待って!ちょっと待ってください!

朝型になることはできなかったですけど、早起きするコツは完全に理解できたんです!

 

今日は早起きできる方法を書いていくんで、寝る前に見てってくださいよー。

 

早起きするコツ!の、その前に。

まず僕がなぜ4ヶ月もの早起きをしてきたかから説明させていただきたいのです。

そこらへんが早起きをするにあたって超重要になってきますので、どうか辛抱してください。

 

さて、僕がなぜ4ヶ月間も早起きするハメになったのか?

それはサークル活動に参加するためでした。

 

いつも夜に練習をしていたサークル活動でしたが、今年こそ大会で優勝しよう!とのリーダー的存在の掛け声をきっかけに、早朝の練習をすることになりました。

 

しかし、僕としては朝早く起きるのは苦手だし、できれば朝はゆっくりコーヒーを飲みながら一息ついてから出勤したいと思っていたので、正直いうと早朝の練習は嫌だったのです

 

 嫌々の早起きでも朝方には近づくことはできる!…けど。

 そんな早朝の練習に全然乗り気じゃなかった僕でしたが、参加しなければ他の人に申し訳ない!という義務感のせいかほとんどの練習に参加し、大会まではずっと早起きをし続けることができたんです。 

 

夜も早めに晩御飯を食べ、そして子供のように夜9時か10時には寝て。

そんな生活リズムを作り上げ、朝の練習に臨むようにしていました。

 

 早朝練習を開始すると決まった日から実に4ヶ月間

僕はたぶん、そんなに長い間、朝が苦手な僕が早起きできるわけないだろうと思っていましたが、できちゃったんです。

 

できないと思っていたものが意外にも出来てしまったので「あれ、これってこのままずっと早起きし続けて、朝型にシフトできんじゃね?」と思いましたが、完全に勘違いでした。

 

大会が終わってしまえば、すぐに夜型の生活に逆戻りしてしまったのです。

そして確信しました「目的がないと起きらんねぇわ」って。

 

早起きするコツは「目的と決意」が超重要!

早起きするために必要なものが何なのか?完全に理解しました。

 

爆音の目覚ましを用意することが重要なのではなく!

早く寝て朝に備えることが重要なのでもない!

 

朝早く起きるには「目的と決意」が大事なんです!

 

「朝型になると時間を有効に使えるって本に書いてあったから、朝型の生活になるように頑張ろー。」くらいの考えでは朝方に切り替えることはできません。

 

朝早く起きて、自分が何をして、最終的にどういうものになりたいのかがハッキリと見えない限り、朝方の生活にはシフトできないでしょう。

 

一時的に朝型になれたとしても僕のようにすぐに元どおりの生活になるはずです。

 

朝型になりたくば、覚悟を決める!

僕の大会までの4ヶ月間、心に決めていたことがありました。

それは「一度早朝の練習に賛同したんだから、できる限り参加しよう」といったもの。

 

やっぱりみんなで決めて、自分自身も特に反対することもなく、仕方なく思いながらも「やろう」と決めたことなんで一度決めたら貫かなきゃ!と思ったんです。

 

その決意のおかげか、大会までの朝練のほとんどに参加することができました。(寝坊したこともあったけど)

 

そんな経験から思ったのは、やっぱ朝型になるには目的と決意がないとダメなんだなと。さらに一度決めたことを実行し続ける覚悟がないと朝方の人間にはなれないんだと感じました。

 

メンタルの強さとかそういう問題ではないんですよ。

 

早起きできないなら自分の目的を見直そう

ということで、もし、早起きしたいけど起きれない。朝型になりたんだけど、なかなか早起きに慣れることができない。

 

そんな場合は以下の点に注意してみるのがいいと思います。

  • なぜ早起きしたいのか
  • 早起きして自分に何が起こるのか
  • 早起きを繰り返してどうなっていきたいのか

 

このあたりが心の中で固まれば自然と朝目覚めることができるはずです。

 

ちなみに僕は4ヶ月間仕方なくながら早起きをしていたおかげで、早く起きることに抵抗はなくなりましたが、早起きするメリットが完全になくなってしまったので、12時くらいに寝て翌朝の6時くらいに起きる生活に戻りたいと思います。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA